2010年06月22日

メープルセンター第1期の終了

継続する生徒さんがいて嬉しい

今日、西大井の品川区文化振興財団メープルセンターでの、私游芸真千子の「三味線で唄う小唄・端唄教室」の第1期が終わりました。

4月13日の「水の出花」から始まり、時に都々逸や俗曲、それに私の游芸節の唄を交えつつ、「腹の立つ時」「梅は咲いたか」「縁かいな」「淡海節」「萩桔梗」「お互いに」と進み、本日6月22日の「梅雨の晴れ間」で、第1期のお稽古を終えましたが、生徒さん7名全員、見事に、これらの唄をお一人で唄えるようになり、とても嬉しかったです。

7月13日から、第2期が始まりますが、今日終了した生徒さんのうち、4名の方が、引き続き、またお稽古に来てくださることになりました。その4名の方に加えて、新規の3名の方が加わり、9月まで、3ヶ月間の第2期のお稽古をいたします。

第2期で、今、予定している唄は、「止めても帰る(小唄)」「寝ながらに(小唄)」「梅にも春(端唄)」「からかさ(端唄)」「手紙(現代小唄)」「茶の科(小唄)」「青柳のかげ(端唄)」です。暑い夏の盛りのお稽古になりますが、生徒の皆様に喜ばれる授業をしていきたいなと思っています。

来年の3月13日に大井町きゅりあんで、メイプルセンターの発表会も行われます。それには、游芸真千子社中として、参加したいと願っています。

私のお稽古に興味のある方は、
03−3774−5050(メイプルセンター)または、
http://www.shinagawa-culture.or.jp/
にお問い合わせください。

ではまた、明日。

真千子



posted by あぶさん at 20:09| Comment(0) | 文化センターでのお稽古 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。