2010年06月15日

私の人生語ります

私の人生語ります

昨日に引き続いて、私の11歳の時を語ります。

11歳

養母が心臓の病に倒れたのは、私が小学校6年生の9月15日のことでした。

学校が終るとすぐに帰ってきて、養母につきっきりで同じ布団に入って眠りました。

私に話さなければならないことがあると言いながら亡くなったのですが、私は、学校でお友達から聴いて、別に、生みの母親が居ることは知っていましたが、最後まで、養母にはそのことを言えませんでした。

そのころには三味線もかなり上達していて、養母の傍らで、黒髪の曲を三下り調子に合わせ、弾き語りしていました。養母はそれをじっと聴いて、「上手になったものだね」と弱弱しく喜んでいましたが、三ヵ月後の12月25日午前零時7分に息を引き取りました。

これから、三年後、今度は養父が亡くなり、私の人生は辛く重たいものになります。

游芸節の解説

今、私は、游芸節34曲の解説を書いています。間もなく、発表できます。その解説を読んでいただき聴いていただくと、游芸節の特色がわかります。いつになったら、大勢の皆様に聴いていただく日がくるのか、
とにかく、やり続けるしかありません。

どんなところにでも、演奏には伺います。もし、興味のある方は、事務局にお問い合わせください。

游芸節普及友の会事務局
03−3591−0313
FAX  5935−8701 
090−3548−2635

また、私のホームページも見てくだされば幸せです。

検索は「三味線・小唄・端唄教室」でしてください。

http://yuki-machi.com





posted by あぶさん at 17:10| Comment(0) | 游芸節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。