2010年06月11日

私の人生語ります

私の人生語ります1

私は、これまで、自分の人生を語ることだけはやめようと思ってきました。でも、最近、考えが変わりました。それは、ある人に、ドイツの作家カロッサの言葉を教えていただいたからです。

人は己を語ることで、他者を救うことができる。

私は、自分の人生を語ることが人様を救うことにそのままなるとは思いません。でも、私のような人間の人生も、読む方がおれば、なにかしら、お役にたつかもわからないと思いました。日経新聞は、芸者の必読の新聞でした(特に人事異動をしるために)が、私は、その「私の履歴書」を読むたびに、このように偉い人ばかりが人生を生きているのではない、無名の無残な生涯を遂げた人々も、同じように人生を生きたのだと思いました。私もとても「私の履歴書」などといえるような人生ではありません。でも、必死で生きてきたこの人生、語ってみようと思います。ロクでもない男たちを思い出しつつ「懺悔の値打ちもないけど」。

私は、昭和20年1月23日に千葉県の野田市に生れました。父親が戦地にいたために、母(とし子)は一人で難産の末、私を産んだと言っていました。

やがて父親が戦地から戻ってきましたが、私はなつかず、よく泣く子で麦畑に捨てられて、穂で目を痛め、真っ赤に泣き腫らしていたと、後に、母親!が語るのでした。

そのころ、東京中野に住む父親の姉夫婦が見るに見かねて私を可愛がるのでよくなつき、やがて養女として伯母夫婦に育てられることになる。

また、明日



posted by あぶさん at 19:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。