2010年06月09日

私の持っている師範名取

名取と師範名取

私が、游芸節という新派を立ち上げるに当たっては、当然、私がこれまで学んできた各流派の優れた点を、私なりに、体に取り込み、それを溶かし込んで、自分の節、唄として、新曲を発表しています。

長唄でも小唄でも、唄を覚えてある上達度に達したかたには、名取の免状を差し上げます。そのうえで、三味線を弾くことが上達し、自ら三味線を弾き、唄を唄える、すなわち弾き語りができるようになって、初めて師範名取になることが許されます。

私の游芸節は、あくまで弾き語りです。しかも、游芸節のオリジナル曲・唄も、游芸小唄・游芸端唄も、基本は、新内で用いられる小撥で三味線を弾きます。これは、ギターのピックでも結構です。

私の持っている師範名取

私は、おかげさまで、3歳のときから、優れたお師匠さんに師事して唄と三味線を習うことができました。そして、師範名取を頂きました。新橋で芸者として出ていたときは、主に、地方の三味線弾きをしていました。ある方に、13年ぶりに出現した芸者の地方弾きといわれたこともあります。それが事実かどうか、私には分かりませんが、そう言われて嬉しかったことは否定できません。

とにかく、私は子供のころから三味線が大好きで、今でも、いろんな辛いことがありますが、そのようなときには、一日中、一人で三味線を引き続けて、辛さに堪えています。三味線こそ、私の最良の伴侶です。この前など、気がつくと13時間も引き続けていました。

ここで、私の持っている師範名取を申し上げます。これは、私の辛苦の人生で唯一つ私の得た勲章だと思っています。そして、私がこうして学ばせていただけたことを、少しでも邦楽に興味のある方にお知らせしたい、その一念で、お稽古場を開いています。

長唄・今藤苗美 
日舞・花柳滝町美 
小唄・春日とよ絵巳/堀小佐女
新内小唄・峰村好嵯女(新内は新内仲三郎師匠につきました) 
地唄舞・扇崎京弥

今日の游芸節

☆初ほたる
本調子

初蛍 鄙も都も暮れ染めて
 枕に灯る 命火や
  はかなき夢と 泡沫の 
    沈みし恋に 解けた帯

☆釣り忍ぶ
本調子

釣り忍ぶ 軒打つ梅雨に 色増して
 おぼろに船の 遠灯り
  藍の浴衣の 襟元に
   ほつれて床し こぼれ髪









posted by あぶさん at 18:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西大井メイプルセンターでのお稽古

メイプルセンターでのお稽古

昨日、西大井のメイプルセンターで、月2回火曜日に開いている小唄・端唄のお教室でお稽古をしてきました。

欠席の方がお一人おられましたが、見学の方が2名参加されていました。お一人の方は、書き文字のなつかしい江戸小唄集をお持ちになっておられました。

春日派の小唄を過去に習われたとのことで、私は、春日とよえみ(漢字ではなく読みだけ書きますね)という春日の師範名取を頂いておりますので、なんとなくなつかしい思いがしました。ちなみに、私は、堀派では、堀こさじょ(上に同じです)の師範名取をいただいています。

昨日は、まず、これまで4回のお稽古で習った、小唄(水の出花・腹のたつとき)と端唄(縁かいな・萩桔梗)のおさらいをして、次に、「お互いに」という新しい小唄に挑戦しました。

私の古典小唄を一応游芸派と称するのは、ご承知の通り、小唄は爪弾き、端唄は三味線を弾くのに大撥を使いますが、私は、小唄も端唄も、三味線を弾くときに、新内で使われる小撥を使っています。これは、ギターのピックで代用することもできます。

この小撥を使った演奏を実際にお聴きいただければ、その特色はよくお分かりいただけると思って、教室のせいと生徒さんには、3枚のCDをテキストとして求めていただいています。

(CD名)
游芸小唄(水の出花・寝ながらに・腹の立つ時・止めても帰る・
 梅雨の晴間・茶の科・お互いに・梅は咲いたか・お伊勢参り・
 梅一輪・逢いたい病)
游芸小唄第2集(好きで好きで・春風がそよそよと・春霞浮世は・
 無理な首尾して・対ゆかた・移り香や・空や久しく・手紙・
 心して(鶴次郎)・空約束)
游芸真千子端唄集(京の四季・梅にも春・淡海節・青柳のかげ・柳の  雨・縁かいな・夕暮・深川くずし・からかさ・萩桔梗)

もし、このブログを読んでおられる方で購入ご希望の方がおられましたら、次の事務局にお問い合わせ下さい。

03−3591−0313
游芸節普及友の会事務局











posted by あぶさん at 13:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。